先日国民年金の振込用紙が届きました。
その中には前納(1年間分)のまとめて支払い用の用紙と、1ヶ月ごとに支払う用の用紙が入っていました。

前納すると3000円近く安くなるので、もちろん前納一択ですが、ちょっと聞きたいことがあったので年金事務所に行きました。

①前納の振込用紙を、分割してもらえるか?
期限は全部一緒でいいから分割できないか?と聞いてみましたが、分割すると割引がなくなるとのこと。そうですよね(^_^;)
nanacoで払いたかったので振込用紙を分けたかったのです。

②振込用紙を差し替えてくれた
3月末に国民年金の手続きしたのですが、家に届いたのは先日で、4月は前納に含まれていませんでした。4月は実費で、5月〜3月が前納になっていました。これについては特に何も思いませんでしたが、窓口で私が散らかしていた振込用紙を見て、年金のお兄さんが4月〜3月までの前納の振込用紙にさらっと差し替えてくれました。
なんで4月は前納に入ってないかというと、4月〜3月までの前納の振込用紙は、期限がもうすぐなので、支払いが厳しいだろうということで別にしてあるとのことでした。
でもやはり4月分も前納にすれば数百円安くなるということでした。

それによって1枚の振込用紙が19万近くになりました。。
これをできる限りnanacoで払ってきました。
税金もnanacoで払えば間接的にクレジット払いできることは記事にしてます。よろしければご覧ください。nanacoでnanacoポイントとクレジットポイントとの二重取り!!!

さて、10万円以上の支払いをする場合は準備に2日要しますので、期限ギリギリにならないように準備しましょう。
17万9千円まではnanacoで払えます!

①nanacoに29000円、21000円をクレジットチャージします。
②セブンイレブンに行き、レジで残高照会してもらいます。(これでセンター保管からnanacoに50000円が入りました!)
③別の日に、また29000円、21000円をクレジットチャージ。
④また別の日に、支払いに行きます。
なかなか手間取るので、なるべくお客さんが少ない時間帯を選びます。レジに行く前に、スマホでnanacoチャージのログインまでしておきます。
⑤レジの人に払えるだけnanacoで払いたいと一応予告しておきましょう。
⑥まずもともとnanacoに入っていた50000円分で支払い。そのあと店員さんに「残りは現金で払いますか?」と聞かれるので、残高照会してもらい、nanacoに50000円入るので、それで払うことを伝える。
⑦払い終えたら、スマホでその場でクレジットチャージする。29000円、21000円です。
でまた残高照会をお願いして、50000円で支払い。
⑧払い終えたら、またスマホでクレジットチャージ。29000円入れて残高照会してもらい、29000円支払いです。

これで17万9千円の支払いができました!

私はなぜか入金額間違えて、2回目に50000円入れることができなかったのが少しミスでした。
427円使って1000円クレジットチャージすればよかったのですが、めんどくさかったのでそのままにしてしまいました笑

1日に3回しかチャージができない、ということと、1回のチャージが29000円まで、またnanacoにチャージできる限度が50000円という仕様から、上記のようにしないとできません。

今回はたまたま店員さんがよくわかっていらっしゃったので、ピーピーいいながらも
無事できました。
また焦ってチャージ額を間違えると取り戻せないので落ち着いてチャージしましょう。
最後はお手数おかけしましたと店員さんにお礼を言い、終了!

これで1700円分の楽天ポイントがつきました!
高額の税金も、nanacoで払えば間接的にクレジット払いできました!

もし参考になれば幸いです。
タグ